みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若者の物語だったんだ。
2011年08月27日 (土) | 編集 |
アルジェ新公で、ハッとした。
これは、勢いのままに生きてしまった若者の物語だったんだ。


サビーヌにキスしたジュリアンが、子供のような幼い顔になっていた。
憑き物の落ちたような、純粋なひたむきな顔。
あのジュリアンなら、すべてを捨ててサビーヌと生きて行こうとする、そのことに納得できる。

サビーヌのキスは、ジュリアンの禊だったんだな。



プロローグ。
すちゃっ、とサングラスを外すゆりやくんは、生意気そうに目を細め、顎を上げ。
いかにも田舎でちょっとイキがってる若者みたいな。
「このあたり限定で」ちょっとした顔…という、ジュリアンの役柄にぴったり。
生来の育ちが良さそうなところもあって、そこにボランジュは目をつけたんだと思える。

パリに出てからのゆりやくんのジュリアンは、ギラギラ上昇志向にあふれていて。
お坊ちゃま然とした姿の中に、黒い炎が見えるようだった。

アルジェでの過去は、捨ててきた。
生意気な小娘エリザベートは気に入らないから、屈服させる。
後ろ盾の強いアナ・ベルは利用価値があるから、依存させる。

サビーヌと再会してからも、あの事があるまでは、過去の女だ。
わかりやすかったと、思う。



パリでのサビーヌちゃぴがかわいくて!
けなげで、一生懸命生きている。
ジュリアンに置いていかれたのが寂しくて寂しくて、周りに仲間はいたはずなのに、目に入らなくて。
その隙間にうまく忍び込んできたジャックに懐柔され、唆されてパリに来てしまった。
ちゃぴちゃんの少女のような軽やかさだと、サビーヌの重たさが気にならない。
本当は、一緒にパリに行きたかったんだよね。

大人になったサビーヌは、びっくりするような髪型になっていた。
おお、ファッションの都パリはどこへ…(それ作品違う)

心は少女のままだったサビーヌには、ジュリアンはたった一人の特別な人。
だから、汚されるのは許せなかった。
あのラストに到達するのにも、説得力があると思った。

◆ ◆ ◆ 

娘役になった、ちゃぴちゃん。
スカートになると、足をあげる振付がすごく気持よく、より舞台に映える。
パンツだと、やはりある程度動きが制限されるというか、質が変わるんだなぁ。

まだ娘役になったばかりで、これだけ出来ればいいと思うけれど。
月娘好きなづみこは、転向組ばかり持ち上げられる現状にはちょっとしょんぼり。
うまいなぁ悔しいなぁ、と思えるように、表情の作り方とか、もっと研究してほしいです。
これからの月娘にも、光があたりますように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。