みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しくなった、愛短をみて。
2011年02月24日 (木) | 編集 |
突撃してきました、中日劇場。

客席に入ったときにはもうすでに、あの懐かしい客船が見えていました。
わたるさんがいて、とうこさんがいた、あの公演を思い出して開演前から泣く始末。

アカペラで始まる航海、バイバイUK、アンフェア。
象さん体操。
甲板での追いかけっこ。花火。

どれも懐かしくて、ふと当時の劇場を思い出すと泣きそうになる、そんな。


でも、始まってみたら、全然別物でした。

退団仕様なのに、そうみえないくらい。
(いやでも、一部はセリフ変えようよって思ったけれど)


れおんくんは、やりての若手実業家。
きっと彼は、クラウディアと別れてしばらくすれば、彼女を思い出して笑えるようになる。
後ろを振り向かないのではなく、全部昇華して明日に向かえる人だと思いました。
一生好き、かもしれないけれど、それも思い出になるような。

たぶんそれは、ねねちゃんのクラウディアが「普通のおんなのこ」だったから。
彼女は、突如現れたミューズのような存在ではなくて、普通の女の子。
そんな彼女が、フレッドと会ってひとつ強くなる。
「うん」「そうだよ」と、正塚ヒロインにありがちな言い切りのセリフも、彼女が言うととても自然だった。

オコーナーどいちゃんが良かったなぁ。
すずみんのあの特徴的なオコーナーを踏襲するのではなくって。
うっかりドリーにひっかかってしまったけれど、堅実に仕事をこなしてきたプロデューサーにみえた。

まおさまでみたらますますデイブのしどころがなかった。
あれはビジュアルで頑張る役だったんだなぁ。
むちむちぼいんなわかばちゃんのドリーとの並びはよかった。
(なんか今回、わかばちゃんがメイクダウンしていたような気がする)

ツボったのは船員たち。
ふありひよりのほわほわかわいこちゃんがお給仕だったのが白妙さんとあんるになって、なんかこのお給仕こわい!とふるふるしました。
白妙さんはきっちりしたお嬢さん系だと思っていたけど、あのタイトな制服着てると魔性っぽい。
ギリーはリアルフェアリーだな。時がたってもまったく変わらない。トサカも健在だし。

まいけるはますますみらんきゅんぽいお化粧になっていくね。
タレ目の人がビジュアル強化しようとするとあぁなるのかしら。


しかし、キャラクターが変わっているのに衣装がみんなそのままで。
とくに、となみちゃんとねねちゃんの似合う衣装は違うと思っているので、ね。
なんかもにょんとしたり。
ドリーのピンク衣装もわかばちゃんが着るとぼんきゅぼんで、キャラもアホっぽいのに更にアホさが増してたり。
もっと似合ってお色気になる衣装あるだろうに…

あのときの、わたるさんを送り出す張り詰めた、でも温かい空気をほのかに感じる。
けれど、その上に新しいキラキラした世界が広がって、それぞれの明るい未来が待っている。
そんな印象でした。

ちえねねりかの並びが解散なのは寂しい。
もっともっと、観たかったな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。