みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メイちゃんの執事に、思うこと。
2011年02月20日 (日) | 編集 |
青年館での公演。
注目度も高かったし、始まってみたらやっぱりちょう楽しかったのだし、
最近の青年館でこんなにチケットがないことがなかったから、売れているのは喜ばしいのだ。
私も全力でチケット確保に走った。
けれど。
これって単に作品がどうこうじゃないよね、と思う。

基本的に、宝塚を観にくる層は「お嬢様」「お姫様」が好き。
(でなかったら、あんなにドレスにきゃっきゃできない)
基本的に、宝塚ファンは「執事萌え」「制服萌え」属性があると思う。
(でなかったら、あんなに黒燕尾キター!ってならない)
そこに、あのトンデモな話を放りこんだらなにかが溢れ出すに決まっているじゃないですか!
萌えもーど全開、かっこいい執事とかわいいお嬢様にきゃっきゃできたらそれで成功だと思う。


少女マンガは基本的に、女の子が主人公。
女の子が誰かに恋をして、それなりにハードルを乗り越えて、何かを手に入れたりする話。

だから、宝塚枠にいれたとしても、主人公はやっぱり女の子だった。

執事たちの心のうごきが見えにくいのも原因かなぁ。
2幕に入るまで、理人さんの心もみえなかった。
執事たちは本来、家に仕えるものであるのだし。
(劇中でも、理人は「お祖父様の命令で」メイ付きになっている事が明言されているわけで)
いつか自分の庇護下から離れて行くお嬢さまに、どんな気持ちで仕えているのか。
大切な大切なお嬢さまに、どんな感情を抱いているのか。
劇中では語られなかったけれど、お嬢様にも執事にも、それなり深刻な背景がある。


ねえねえ、りひとさんはいつメイに恋をしたの?


冒頭で理人さんがあの恥ずかしい副題を言うし、2幕アタマで執事の一日でひと場面埋めるのだけれど。
わたしはメイちゃんのドラマを観ていないから、リアル男子が演じる理人さんがどういうものだったかわからない、のだけれど。
主人公は、理人ではないよなぁ。


滅多にない萌え祭り公演(シャングリラか紐育かくらい...?)で、とても楽しかったのですが。
落ち着いて振り返るとちょっと、と思ったりもしたり。り。
理人さんが主人公じゃないもん。主人公はメイちゃんだもん。

宝塚枠に綺麗に入って美しい、というとオネーギンが真っ先に浮かぶ自分に驚きます。
メイちゃんから入った新しい観客に、あぁいう作品も観てほしいな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。