みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪のように舞う、愛と死。
2011年02月05日 (土) | 編集 |
雪組の、ロミオとジュリエットを観ました。
東京公演が始まる前に、ちょっとだけ書いておく。
だってメイちゃんが始まるまで、東京組は暇なんだもん!

初めての観劇は、みみちゃんがジュリエット。
2回目は、あみちゃんがジュリエット。

「本当の初めて」だったねねちゃんが私の中で圧倒的だったので、比べてしまうところもある。
それとは別に、なんか、見えてきたものがある。

新公も観るので、ジュリエットはその後に書くかもしれないです。


いちばん広い視野を持っている、まっつベン様。
いちばん何も見えてない、と思ったのはちぎマーだったと思う。
いちばん暗い人だわ、と感じたのがキムロミオ。
でも、星と雪でいちばん違ったのは、愛と死だなぁ。


静かに忍び寄り、気がつくとそばにいる…そういうんじゃない、死。
(トート閣下とか、真風死はこういう系統)

ロミオが死を内包しているから、ロミオだけ死を感じ取れる。
ロミオが死を呼び込む。

ジュリエットは、絶望ではなく希望のために死を選ぶ。
愛はすべてを包み込む。
死でさえ。


さきちゃんの死は、子供のようで。
ビジュアル的には、「リング」とかの時期に子供が白塗りしてたホラー映画がありまして。
タイトルは、えーと、なんだっけ、(結局わかんない)あれのCMを思い出しました。
死は何もしていない。
ただロミオのなかで、彼が死を選ぶのを観ていただけ。

対するせしるの愛は、強く。
ロミオとジュリエットを結びつけるのにも意思を感じたし、
死だって利用しているんじゃないかと思うほど。
キャピュレットとモンタギューの不和をなくすために動いている、と思う。

死はロミオからうまれ出たものだけれど、
あの愛は、ジュリエットから生まれたのではない…よなぁ。

ジュリエットは、賢いかもしれないけれど世間知らずにみえたもの。
両家の仲たがいを嘆くのは、単に自分がロミオと結ばれるための障害になっているからだもの。
だから、駆け落ちしたっていい。後のことなんて、構わないんじゃないかなぁ。


愛と死のありかたが、いちばん違うように見えたので。
とりあえず、これだけ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。