みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タンゴをあなたと。
2010年11月05日 (金) | 編集 |
いまさらだけど、『ロジェ』『ロック・オン!』をみて、水さん&愛原嬢に思ったこと。
ちょっとだけ。


みなこは落ち着いた女性が似合う役者だった。
なので、トップになってからの役がそういう役ばかりだったのは良かったと思う。
その反面、全ツ見ておけばよかったなぁと思う。
だって、お姫様とかきゃぴきゃぴした役って宝塚のヒロインじゃなきゃみられないじゃない!
ひたすら明るく恋心を語るみなこちゃんが、見たかったなぁ。

トップになるのが惜しい、と思えた役者だったからこそ。
そういう、宝塚ならではの役がみたかった。
カルネヴァーレとかで、わっかドレスでセンターをはるみなこが見れたのは良かったです。


水さんは、不思議な人だったなあ。
自分がかし担だったころ、水さんが組替してきたのはやっぱり心穏やかではいられなかった。
あぁ、うちのひと、もうトップにはなれないんだなぁ、と思ったものです。

気がつけば水が染み込むように、雪組になじんでいた水さん。
ものすごく苦労があったんだと思います。
だって、見たことなかった、あんなに組の空気を変えた人。
下級生にも目を配り、客席にも(その外にも)気を配り。

雪組に、もう水さんがいないなんて。
やっぱり信じられない。


わたし、水さんと愛原嬢のコンビが好きだった。

なにせ、ロック・オン!オープニング。
あんなにロックでガチャガチャした場面なのに。
二人が手を取り合った瞬間に涙腺崩壊したんだもの。

遅くなったけど、ありがとう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。