FC2ブログ
みんな幸せ
ぐるっとまとめてどーん。【銀ちゃんの恋】
2008年11月24日 (月) | 編集 |
すっかり以前の話ですが、ひっそり観劇記録その一です。
今更感満載でお送りします(・∀・)ノ

【銀ちゃんの恋】日本青年館

不器用な人がたくさんいて、一所懸命に今を生きていて、共感するところの多い芝居でした。
観るほうも、ほんとに体力使うけど!
このカンパニーで見れたことが幸せ。


やっぱり、ヤス!
銀ちゃんに対して、小夏に対して、芝居に対して。
全てに対して一所懸命で、銀ちゃんが大好きなのがよく判る人でした。
階段落ちに至るまでの心情が伝わってきて、もうそれが、痛くて痛くて。
舞姫もそうでしたが、みつるきゅんには泣かされます。

「女からしたら耐えられない顔」とか言われてましたが、そんな風には見えなかったなぁ。
眉毛太くても、それが逆に可愛い感じ。
やっぱり宝塚だもんな。


わかっていたことだけど、ゆひくんがスターさんだなぁ、と。
ギラギラの衣装で、ちょっとがに股でガシガシ歩くそのかっこよさ。
普通に考えれば、小夏と一緒にいるべきだったのに。
若い肉体(笑)の朋子に走っちゃうあたり、宵越しの金は持たない…というか。
後先考えない感じも何ともいえない。

スターとしての自分は格好良くありたくて、でもちょっとヘタレで。
愛すべきひとだなぁ、と。
愛されるべきひとだなぁ、と。
そう思いました。


小夏は、小夏でした。
「降ろせる」人なんだ、ののすみちゃんが。
そこに小夏がいるから、世界が変わる。
彼女がそこで生きているから、引き込まれる。


あとはなぁ、大好き(・∀・)ノ
朋子きらりのわかりやすい若さとか。(ちょうかわいい!)
秘書さあやのわかりやすい大芝居とか。(ステレオタイプが大好きです)
橘めおのスッとしたかっこよさと柔らかいとこのギャップとか。(橘君のコタエ的な)
あーあとあれだ、だいもんが可愛すぎてどうしよう美少年。



2幕泣き通して、頭フラッフラでした(^v^;)
あんなに泣いたの、今まであったかなぁ。
ほんというと、づみこは「つか芝居」が苦手でして(濃さが…)
石田先生も苦手でして(くどさが…)
でもね、そんなこと差し引いても尚、素晴らしかったの。