みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛と死の
2007年10月27日 (土) | 編集 |
…とくれば、輪舞だよなぁ!?

な?

(誰に同意を求めているのか)

男子ばっかりのタンゴシーン、「愛と死の」と聞こえた瞬間身構えました。
そこに続くのは「タンゴ」じゃなくて「ロンド」だろう…!(地団駄)


色んな作品をごっちゃ混ぜにして、がちゃっとくっつけて。
いっぱいいっぱいハンダ付けしたような作品だと思いました。

のっけから堕天使を髣髴とさせるスクリーン遣い。
音楽はどことなくエリザベート。
かなめくんとか、物販の写真を見たときどこのサリエルかと。
ルシファー様好きすぎて、うっかりコスプレしちゃったのかと。
劇中では、エリオットに「その服、センス良いな!」と笑顔でおっしゃっていました。
じゃあ、明日からエリオットコスする?(聞くな)

さゆちゃんかわいかったなー!色つきの衣装以外は。
お腹周りがゆったりした衣装なのがいかんのかなぁ。
青いお衣装がまんまソフィー(ハウルの動く城のね)に見えて仕方ありませんでした。
ポスターを見て黒メイクの出来を心配してましたが、あんまり違和感無かった。良かった。

青い鳥のときのりらちゃんの衣装があって、ちょっと懐かしかった。
愛原実花ちゃんが人間のはずなのに青白くてさ…
黒天使ひきずってんのかと最初思いました。(いや観劇して納得しましたけども)


観劇中。
アナベルが消えてしまう理由が、正直さっぱりわかりませんでした。

あのまま一緒にいたら、人間であるエリオットも一緒に追われることになる。
引っ込み思案でよわよわでヲタクな彼が、必死に自分を助けに来てくれた。
それで十分。
これ以上、愛すべきエリオットを危険にさらすなんて、耐えられない。

…結局逃げたんじゃないかっていう気もします。


でも、そこには愛があったんだよなぁ。

そう思えたのは、ヴァンパイアな二人が微笑むのを見たときでした。
階段上に立つ二人から、切ないけれど幸せな空気が溢れて伝わって。
気づいたらぼろぼろ泣いていました。
直前まで、正直ぽかーんだったのにな!

ヘタレなエリオットかわいかったー!
黒メイクなオヅキかっこよかったー!
(同列か)
コメント
この記事へのコメント
銀ばら
私も見てきました!!
後半が特に良かったです。ゆみこちゃんの50年後の役作りはさすがだなぁ~~
品もあってステキでした、私も泣いてましたよ。
あと若手が活躍されてて良かったです~。
私もヴァンパイアをもう少し深くしてほしかったけど、
楽しいオタクなゆみこちゃんが見られたので満足v-10
2007/10/28(Sun) 01:55 | URL  | ミカ #F5GdLaOg[ 編集]
★ミカさま

お返事遅くなってしまってすみません…!

ゆみこさんのお芝居がうますぎて、逆に不安になるくらいでしたが…
(だってあんなにオタクトレースができる2番手さんて!)
「僕のヒロインになってください!」てほんとに殺し文句ですね。
ほんとにいいお芝居でした★
2007/11/08(Thu) 21:35 | URL  | づみこ #3RYqKTAY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。