FC2ブログ
みんな幸せ
はろー!はろー!
2007年05月27日 (日) | 編集 |
近場の献血ルームのキャンペーンが月末までだというので、DVD持参で行ってきました。
ザ・クラシック振付の稽古場映像観ながら血ィ抜いてました。
(看護婦さんの目が気になる)(なら観るな)
休日しかチャンスが無いと、東宝まででも全然行けません。
さくら、もう一回観たいのになぁ…

さて。
いまさら感もありますが、月ハロダンの覚書です。
だらだら長いので、もし読まれるなら要注意です。
「魅せるダンス」を意識しているかどうかで、ぜんぜん違う。
「フリを踊れる」ことと「魅せられる」ことは別物なんですね。

・涼城まりなちゃんのダンス、かっこいいのに娘役な踊りで好きです。
自己紹介の司会者っぷりや、デュエダンの歌が素敵だった。
司会者って大変だなぁ…歌詞取り違えたこと無いんだろうか。
「そーっこのとっのっがったっむーっすめっさーん」
…っていう歌い方が可愛かったです。めろり。

・羽咲まなちゃんは更にビシバシです。
あんなに歌えてあんなに踊れるなんてズルい!
最後の長いソロは圧巻でしたな。

・メンズのなかで、顔で押し出してくるのはやっぱり貴千碧氏でした。
やる気出しすぎです。(いつもです)
最近ちょっとづつ、ピシッとしたかっこよさが増してきてるような。

・その近くで、ものすごーく安定した踊りをしていた宇月颯氏ですね。
一貫して、ずーっと格好良かったです。
タメもきくし、キメがパシッと決まる。
渋めの男役向きな、ものすごい色気のある顔をしますなぁ。(きゅん)

・で、その宇月氏が勿体ない感アリだったデュエダンですけれども。
麗百愛ちゃんが紗の向こうで踊る、柔らかい、やさしいダンスに泣けました。
その後の狂った踊りよりも、こっちのほうが本領だろうな。
あれを観てしまったら、宇月氏の勿体ない使われ方もしょうがないか、と思えます。
あ!
宇月氏は倒れたもえちゃんを待ってあげて、一緒にハケてましたね!(きゅきゅん)

・「美翔かずきです!」と彼が言った瞬間
アゴが落ちました(いやまぢで)
だって某CMとか写真とかと全然顔違うじゃん!すっきりキレイな二枚目だった…びっくり。
道理で舞台で見つけられないわけだ(納得)

・反対に、見失わないのが瑞羽奏都氏ですけれども。
硬派な劇画タッチの顔がすーてーきー。

・パタパタしてる4人組
なかでも咲希あかねちゃんはかーわいいことかわいいこと。
顔の表情がくるくる変わるので、観ていて楽しい。(表現力とは別物)(しー!)
パタパタの振りのストーリーもかわいかったです。
おんにゃのこはかわいくてつよい。

・一番好きだったのは、2場面目。
スパニッシュな感じの振りで、スカートの裾を「シュン!シュン!」て翻すのが好き。
表が黒なのですが、裏地の赤がせくしーでね。かっこよかったです。
「踊れない」と思ってた人が、とてもとても踊れる人に見えたり。
このシーンだけでも、「来て良かった…!」て本気で思えました。

………

どうしよう、散々書いておきながらまとまらない!(どうしようて)

出来不出来はあるとしても、純粋に楽しかったです。
下級生の頑張ってる姿が見られてね!
(で、あの女子6人での前説は私服だってホントですか?)

わくわくのまんまで帰ってきました。
今でも、思い出すとわくわくします。
東京でもやればいいのに、と半ば本気で思うほど。
このメンバーの次の舞台が、ものすごく楽しみ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック