FC2ブログ
みんな幸せ
ムラのさくらの散り際をおもって
2007年05月04日 (金) | 編集 |
新生雪組・スタートですね。
6人目のトート閣下のお誕生日…(ふるふる)
初日おめでとうございまーす!
というわけでうきうきです。

が、ムラ星についてつぶやきに参りました。
つぶやきとか言っといて長いんですけど。
☆さくらのこと。

・プロローグ
大劇は2階17列がとても好きで、例によってそこから観たのですが。
前奏からチョンパに入るのを待つちょっとの間が、とてもドキドキしました。
そして一番遠い席でも感じる、日本もの独特の圧倒的な華やかさ。
幕開きから勢ぞろいって良いですねぇ…!

・節句人形
お内裏さまが歌いだした瞬間、笑いでひきつりました(失礼)
ぐるんぐるん揺れながらダバダバ言ってる人形衆がおっかしいし。
(あんな雛飾り普通に嫌だ)
桃太郎な涼さん、「にぱ!」て笑顔がかーわいいなぁ。
武者人形な安蘭さんの、「にま!」て笑顔がかっこかわいいなぁ。

ネズミにおっかけられる縦ロールの意味がわかんないけど!
なんでお雛さまと武者人形がくっついたんだかわかんないけど!
(ちゃっかりお雛さまだけ仕舞われないんだもんなぁ)
(なぜか縦ロールもいるんだもんなぁ)

・竹灯籠
そうか、ミエコ先生は白拍子なのか!(筋書き見て今頃気づく)
正直、よくわかんなかったんだけどね。
頭に載せた灯籠がぼんやり光って、きれいで儚くて、切ない場面でした。

・花折
涼さんの仰々しい物言いに涙が出そうになりました…
酔いつぶれて、にぱにぱへろへろ笑う姿がかわいすぎる。
それに相対するしぃさま(づみこ内で呼称が確定しました)の、美しさったら!
しぃさまの日本物、もっと見たいなぁ。

「なりませぬか!」といきりたつコトコトがちょうかわいかった。
音花ゆりちゃんのほっかむり姿がちょうキューティーだった。

・さくら
舞い散る花びらが、ただただキレイでした。
このシーンはとにかく、1階から観たい。(2階からじゃ、降る桜と同化するんだよ…)

☆シークレット・ハンター
オープニングのアレは、芸達者な人じゃなきゃ無理が出るんだろうなぁ。
一人で大劇場の広い空間を埋めることができて、そこに安心感がしっかりあるの。
ダグを安蘭さんで観ることができて、よかったです。

そこに向かい合う、あすかちゃん。
客席の期待にこたえるだけの実力がある、「舞台人」なんだなぁ、と。
彼女の心が、ジェニファー(っていうかブリジット)を生かしている。
スタイルもめちゃくちゃいいしねぇ…(うっとり)
どの衣装もキレイだけど、祭りのシーンのパンツのお衣装がすごく似合ってた。

これからのトウアスの舞台が、めちゃくちゃ楽しみ。

セルジオとダグの関係が、表面的なところしか見えなくて残念でした。
正直、親友にも悪友にも見えなかったの。
ただの仕事上の関係のような、ちょっとすわりが悪い感じがしました。
東宝では、もっと深めてくれるかしら。

一番不思議な気持ちにさせられたのは男爵です。
男爵じゃなきゃ、いけなかったの…?
さくらでしぃさまに惚れ直しただけに、男爵を見るとモニョるの。
しぃさまの「いい人オーラ」を感じちゃうせいなのかもしれませんが…
むーん(悩)

マックスとセルジオとクリスの関係もなぁ。
どこからどう回ってマックスからセルジオに話がいったのか、とか。
そこもうちょっと知りたいの!(不完全燃焼)

アナマリアはかっこよかったです。
みなみちゃんのスタイルのよさがわかるパンツスーツも良かったし。
イグナシオがマシンガン連射しまくるのはどうかと思うけど!(一応刑事なんだよね?)
ベリーショートな和さんは新鮮でございました。

あ、そうそう!
最近女装づいてる組長ですが、さすがに母はどうだろうか。
あれは「離れてる間に父が母になっっちゃった!」で良いんですか?
それともリアルにお母さんな設定なんですか?
私が観たのは貸切でして、客席がざわめいてたんですけど…
芸達者なのもわかりますが、普通にかっこいい組長も見たいなぁ。

☆フィナーレ
総踊りがゾクゾクしました。
フォーメーション強いですね、ネオダンで鍛えられてるというか。
男役も娘役も、強くてしなやかで…自分の色をはっきり出そうとする感じ。
パレードの娘役のお衣装が面白かったです。

☆初舞台生さん
口上を初めて見ました。
なんか、観ているこっちが緊張しました…
むこうはもう一ヶ月舞台に立ってるんだし、それほどでもないのかしら。

それにしても、初舞台生がお化粧ひどいってほんとなんだ…(しみじみ)
普段は上級生に混ざってしまうからか、そんなに思ったことがないんです。
それがパーカッションのとき、「初舞台生だけだと、これだけ強烈なのか!」と(爆)
やっぱり難しいんだなぁ。
口上かロケットか忘れましたが、かなり上手寄りにいた男役さんはキレイにみえました。

ロケットよりも、パーカッションの方がいっぱいいっぱいのような。
お芝居の表現は自分で作るのが主、ロケットは振りに助けられてるのかも知れません。
オレンジのお衣装が暗い中に動いてるのはキレイでした。
とはいっても、顔が見たい…(しょんぼり)
結局覚えられたのはセンターにいた蒼羽りくくんのみ。超美脚!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初舞台生を拝めるのなんて、もっと先のことだと思ってたのになあ。
予想より何年も早く初舞台生をみられて、予定より一足早くトウアスに会えて。
かなーり満足して大劇場から帰ってきました。

研修の忙しさにかまけて、宝塚のことを考える時間が減って。
心が宝塚から離れ気味なのかな、と思ったりもしていました。
でもやっぱり、久々に大劇場に行ったら心が躍った。
まだまだ、離れられそうにはありません。
来週もムラに行くしね!!
やっほー閣下!待っててシシィ!いくわよルキーニ!
メインイベントはハロダンだけどね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック