FC2ブログ
みんな幸せ
受け入れるにも程がある(と、思う)
2007年01月26日 (金) | 編集 |
前回からちょっと間が空きまして、昼夜と竜馬さま達にお会いしてきました。
そしたら。
幕開きのレッドバトラーの頭がよりビジュアル系寄りになり。
運命とショパンが、なんだかとってもイケナイことになってました(悲鳴)

昨日の記事に書いたシーンなんですけど
そういう意味で同類と言えばROSSOさまですよ
とはいえショパンとROSSOさまとは種類が違うっていうか
あの頃、朝海さんのファンの方が何を思っていたか非常に気になるんですが
そしてらんとむ氏のファンの方がどう思ってらっしゃるのか気になるんですが
(悩)

づみこはタカシロさんにそっち系は求めてません。
いやアリなのは判るんですけどちょっとあそこまでは求めてません。
なによりもあのシーンでのタカシロさんは漢なんでね!

少し前まで、運命の手に隠されてた。
あくまでらんとむ氏が主導であって、受け入れるにしても「運命」だからしょうがなかった。
それがさ、なんか体制的には「男役と女役」になってたし。
(男役の頭に隠されてってやつね)
それにさ、タカシロさんがらんとむ氏の背中に回した手。
完全に「積極的に受け入れる」体制だったんだもん…

。・゚・(ノД`)・゚・。

なんか、その前後で運命とショパンの関係性が違うんだもん…
ショパンが運命食っちゃってるんだもん…

。・゚・(ノД`)・゚・。


いや、あそこは勢いとその日のノリでやってるんだし。
表現なんてその場のものですから、次観たらまた違うんでしょうけどね。
男役は娘役を包み込んでなんぼでしょうに。
その包容力とえろすを、なぜ娘役相手に使わせないのか…!
いえ心が包み込んでるのは見えるんですけど。
直接的な方が印象に残りすぎて…

うーん、うーん、ショパンの場面はすごい好きなんですけどね。
あそこまで行かれると、ちょっといたたまれないです。
(かしコンのオスカーワイルド、なんで大丈夫だったのかね)(不思議なくらいだ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック