FC2ブログ
みんな幸せ
ぷ・す・く!ぷ・す・く!
2006年06月03日 (土) | 編集 |
いろいろ鳴り物入り、な今回の宙組公演。

間違いまくったおフランスから、えらい時代が飛んだものだと思いました。
だって、舞台の色彩が地味なの…
(そこで時代を感じるなんて!)
(ベルばらに洗脳されすぎです)

で、泣けるんだけど、決して、ストーリーの所為ではありません(爆)

一番は、マリー姫の声質と、メロディーラインね。
ディ○ニー映画っぽいメロディーだと思います。
姫の声質も、ディズ○ーヒロイン系だと思います。

そこらへんが、とても好みでした。

じゃ、感想いきます。
☆新世代のおふたり
 凪七さんと姫、というある意味ありえない取り合わせに笑ってみる。

☆ココナツ
 ひゃあ!猫耳モドキがいっぱいいる…(ガタブル)
 うん、でもかわいいよ。かわいい。

 アリスちゃんはやっぱり痩せ過ぎの感がありますが…
 どうにかなりませんかむりですかそうですか。
 彼女はカツラ選びが上手い。少年も似合ってた。

 ストリングカーテンからいろいろ出てきますが。
 11時公演、悠未氏が顔に紐ひっつけてご登場。ちょっとハラハラしました。
 ここのココナツ・ボーイ(なんてネーミング!)3人は濃くて良いですな。

 ていうか、づみこはこのまんまハリウッドで話が進むもんだと思い込んでました
 (どーん)

 去り際の姫の台詞にずきゅんです。(DQNではなく)

☆リハーサルあたり
 マントみたいのをぐるぐるするのがかっこよかったです。
 緑の人の声が良かったー。

 旗を投げて取替えっこする瞬間は、1階席から見たいと思いました。

☆戦闘シーン
 ラ・パッショナリアがすごい。
 たっちんの本領発揮。
 彼女がいるから、強い女性を感じられる。
 ひたすら格好よい、大人のはたらくお姉さんって感じでした。

 お兄さん達も強いけど、お姉さん達が強いのがかっこよい。

☆サグラダファミリア
 美術さんが頑張ってる感じ。キレイでした。

 今回、全体的に装置の使い方がキレイだと思います。
 パターンは決まってるんだけどね。
 とにかく転換がうるさくないのがありがたいです。

☆薬使うなんて卑怯だよなぁ
 アギラールが、どうしてそこまで姫を欲しがるかはよくわかんない。
 でも、姫の歌がとにかく泣けた。

☆お別れ~ジョルジュラスト
 オリンピアードのダンスはひたすら切ない。
 なんで、あそこでジョルジュがソロを踊るのかわかんないけど。
 その後も、なんでキャスト総登場なのかよくわかんないけど。
 振りがエリザっぽいと思ったら、そうだ小池先生だった(と思い出す)


ほらー!
最後になればなるほどよくわかんないじゃない!
2回も観たくせに、記憶もあいまいじゃない!
ストーリーには全然惚れられなかったの!!(逆ギレかよ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック