みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若者の物語だったんだ。
2011年08月27日 (土) | 編集 |
アルジェ新公で、ハッとした。
これは、勢いのままに生きてしまった若者の物語だったんだ。


サビーヌにキスしたジュリアンが、子供のような幼い顔になっていた。
憑き物の落ちたような、純粋なひたむきな顔。
あのジュリアンなら、すべてを捨ててサビーヌと生きて行こうとする、そのことに納得できる。

サビーヌのキスは、ジュリアンの禊だったんだな。



プロローグ。
すちゃっ、とサングラスを外すゆりやくんは、生意気そうに目を細め、顎を上げ。
いかにも田舎でちょっとイキがってる若者みたいな。
「このあたり限定で」ちょっとした顔…という、ジュリアンの役柄にぴったり。
生来の育ちが良さそうなところもあって、そこにボランジュは目をつけたんだと思える。

パリに出てからのゆりやくんのジュリアンは、ギラギラ上昇志向にあふれていて。
お坊ちゃま然とした姿の中に、黒い炎が見えるようだった。

アルジェでの過去は、捨ててきた。
生意気な小娘エリザベートは気に入らないから、屈服させる。
後ろ盾の強いアナ・ベルは利用価値があるから、依存させる。

サビーヌと再会してからも、あの事があるまでは、過去の女だ。
わかりやすかったと、思う。



パリでのサビーヌちゃぴがかわいくて!
けなげで、一生懸命生きている。
ジュリアンに置いていかれたのが寂しくて寂しくて、周りに仲間はいたはずなのに、目に入らなくて。
その隙間にうまく忍び込んできたジャックに懐柔され、唆されてパリに来てしまった。
ちゃぴちゃんの少女のような軽やかさだと、サビーヌの重たさが気にならない。
本当は、一緒にパリに行きたかったんだよね。

大人になったサビーヌは、びっくりするような髪型になっていた。
おお、ファッションの都パリはどこへ…(それ作品違う)

心は少女のままだったサビーヌには、ジュリアンはたった一人の特別な人。
だから、汚されるのは許せなかった。
あのラストに到達するのにも、説得力があると思った。

◆ ◆ ◆ 

娘役になった、ちゃぴちゃん。
スカートになると、足をあげる振付がすごく気持よく、より舞台に映える。
パンツだと、やはりある程度動きが制限されるというか、質が変わるんだなぁ。

まだ娘役になったばかりで、これだけ出来ればいいと思うけれど。
月娘好きなづみこは、転向組ばかり持ち上げられる現状にはちょっとしょんぼり。
うまいなぁ悔しいなぁ、と思えるように、表情の作り方とか、もっと研究してほしいです。
これからの月娘にも、光があたりますように。
スポンサーサイト
一旗揚げるんだ、って。
2011年08月23日 (火) | 編集 |
今年の夏は、あつかったー!
博多座で星の役替わり見て、大劇場で月組見て、東京で宙組見て。
1週間に詰め込んで、あっつい夏を過ごしました。


そのなかの、アルジェの男。
新人公演と本公演との対比が、つくづく面白かった…!

なので、とりあえず本公演中心付近の人物メモ。

◆ ◆ ◆

いまの霧矢さんは、円熟味があるというか、いい年したおっさんを演じてこそだと思ってる。
そこに並ぶまりもは、寄り添うというよりも、自分の足で地を駆けていくような女が似合う。

その二人でアルジェを見ると。
なぜか小銭稼ぎのチンピラやってるおっさん(頭がイイからまとめ役してる)と、
なぜかそれに惚れちゃった真っ当な女(仕事がダンサーだから軽く見られちゃう)に見える。

アルジェのまりもサビーヌは輝いてる、と思う。
ジュリアンと別れても、アルジェで幸せな人生を歩んでいけると思うんだ。
円満に別れてるよねぇ、あのふたり。

まりもサビーヌは、パリでもそれなりにうまいことやってきたはず。
サビーヌに、「アルジェで一人ぼっちで…!」と、よよよ、と泣き崩れられると、なんか。
違和感しか感じなくて。
まりもの光はまっすぐ、輝いているのに。
お荷物でしかないジャックに、よっぽど苦しめられたんだろうと思うもの。

なんでパリに来ちゃったんだろう、この女。って、思った。

きりやんのジュリアンは、年齢がよくわかんない。
アルジェにいるときに、もうそこそこの年に見える…
書記官仲間が基本若いのがいけないんかなぁ。
一人どっしり落ち着いていて、浮ついたことをしそうに見えないんだ。

サビーヌのことも、エリザベートやアナ・ベルのことも、興味ないっていうか。
ボランジュに食いついて、彼のやり方で一旗揚げるんだ。真っ当に。

そんな感じの、おっさんに見える。

アルジェでわかれ、別の道を歩き出した二人。
そのままいけば、それなりに幸せな人生が待っていたはず。
だって、いい年した大人だもん。


歯車を狂わせたのは、ジャックだ。


あんたがサビーヌをパリへ連れてこなければ。
あんたがサビーヌの楽屋へ入り浸ったりしなければ。
あんたがジュリアンのこと、こんなに好きじゃなければ…!

あんなことにはならなかったのにね、おにいちゃん。

まさおジャックがべらんめぇなセリフを言うたび、腹筋がぷるぷるします。
屈折した役をやると、役のベクトルがどんどん面白い方向へいく。
そして、こゆくて、ギラギラしてて、粘っこい、ジャックの性格になる。

みりおアンリがあんなに他と絡まないとは思わなかった。
ふわふわしたお嬢様みくちゃんは、初めての恋に破れて身を投げる。
それを引き止めるでもなく、ただ見ているしかできない男。
最後にあんな役割をさせるのなら、もっと印象づけるほうがいいと思うんだけどな。


◆ ◆ ◆


プロローグのウェスト・サイド・ストーリー的な始まり方はわくわくする。
なかでも朝美絢くんが、ちょう悪い顔しててときめいた。
女の子の服装も、ちょっと広がったスカートが可愛くて可愛くて。

書記官仲間はなんてことない役割だけど、若手育成にはいいよねあんなの。
(ショーの月色男子といい、若手には銀橋でアピらせてなんぼだと思う)
思わず「それがパリ~♪」って歌いたくなる、あの軽さ。
重い芝居の中で、息抜きができる場面。


古い作品だよね、とは思う。
自立できるだけのスキルがある女が、あんな重たい生き方するのは似合わない。

だとしても。
いいな、いいな、と思える部分がたくさんある芝居だった。
それをより強く感じたのが新公だったので、なんか、もにょっとしたよ。
Rhapsodic Moon、大好きだった。
2011年02月07日 (月) | 編集 |
今更だけど、だいすきだったので!ね!

ゆるーい振り(思わず客席で手振りやりそうになる)も、
ちゃんと舞台と客席が顔合わせている感じがしてね。
下級生が「今回はお客様の顔がちゃんと見えます!」て言うてたのを聞いて、嬉しかったり。

街のシーンがとてもとても好きだったのですが、何よりも、いちばん大好きだったのが、VAILA。
本当にねえ、なんでカットなのDVDてば!
私のなかで、RMのピークはあの娘役階段降りにあったですよ。


白いドレスに身を包んだ娘役さんが勢ぞろいして、ざざざーっと階段を下りてくる。
その瞬間の、胸の高鳴りってば!

「この夜を、踊り続け」
歌うベテラン娘役陣の美しさときたら!


何かに似ているなー、この感じは他でも感じたことがあるぞー、と思っていました。
やっとわかった。気付いた。

Apasionado!!
これこれ。
小林幸子からの階段降り。
この胸の高鳴りこんなにも、って感じだったのだわ。
「いやなやつ」
2010年07月15日 (木) | 編集 |
「いやなやつ」

今更にもほどがありますが、中日を思い返しては考えます。
観劇してからずっと、このせりふがひっかってる。

紫子が風吹を新婚初夜の寝室へ送り込む、その場面。

あの場面の定嗣は、それまで抑えていたものをふっ飛ばしている。
妬ましいとか、悔しいとか、普段の彼が紫子の前では見せなかった感情があふれてる。
定嗣の強い思いがぎゅうっと濃縮されたような、強いことば。

紫子と風吹の関係。
定嗣の手には届かないものだとわかっていて、語気が強くなる。

実は最初、定嗣のせりふだとわからなかったんです。
え?え?なにいまの怖いせりふ誰が言ったの?って。
何回も観たのに、いまだにしっくりこない。

みりお氏の表現がどうこう、じゃないんだと思います。
あの流れるような作品のなかで、この場面の定嗣だけが異質なの。


やっぱり、ひっかかるんだよなぁ。
…DVD買って観ろ、脚本読めってことですね。
きっと、大勢の心を打つわ
2009年11月01日 (日) | 編集 |
おつかれさまでーす。づみこです。
あぁぁもう最近は休演者やら意外な退団者やらが多くて!どうしたもんかと!
スケジュールが無理すぎるんだよやっぱり!!

先週末~新公にかけてムラ遠征していたんですが。
火曜の朝、友人からのメールで休演を知りました。
月曜日は観劇してなかったので、もりえ氏に何があったのかわからず。
鳳月さんの代役をハラハラしながら見守りました…ドキドキした…!
上級生ばかりの中で、よく頑張ったよ…!!
ショーでの代役にはほぼマギー、もしくは穴埋めなし。
ぽっかりあいた空間が、さびしかった。

夜が新人公演だし次の日はお休みだし、休演は最小限ですむよね、と思っていました。
でもムラは全休なんですね;
無念だろうし、悔しいだろうし、あせるだろうけど…しっかり治して、帰ってきて欲しい。
怪我は無理すると後に響くもの。


もりえ氏の全快と、皆が出来る限り気持ちよく大劇場公演を終えられることを祈りつつ。
新公の感想など書いてみます。


全体的に、すっきりまとまった印象の作劇でした。
づみこはこのお芝居、嫌いじゃありません。
でも、まあ…ねぇ…役が少ないもんなぁ…(苦笑)
新人公演なのに、ほとんどみんな出ている場面が変わらないとか!

個別感想。長いです。
なんてこったい
2009年08月25日 (火) | 編集 |
月組退団者、あまりの衝撃でござります。
気がついたら、東宝にすっとんでおりました。
星組立見したら、うん、ちょっと落ち着きました。
変わるものと変わらないものを、確認したかったんだ多分。

あひさんがやめるとか、想像してたけど今じゃなかった。
あいあいも、しずくちゃんも、なぜか違うだろうと思っていた。
そんでうらもえorz
あなたこれからの人でしょう…!
めそめそ。

瀬奈さまはかわいこちゃん引き連れて退団するんだな…
月を眺めて考える@エリザ09
2009年06月10日 (水) | 編集 |
昨晩はお月様がきれいでしたなぁ。
夜行バスに乗り合わせた方々、こぞってAQUAコン行きだったようです(・∀・)ノ

草津PAでの休憩中、まん丸な月を眺めて考えていました。
今回の、月エリザに感じる違和感について。

今回のエリザベートは、全体にライトタッチ。
コーラス含め、声質がみんな軽いからかも知れません。
トートに人間のにおいがするからかもしれませんし、黒天使の顔が、はっきり見えるからかも。

トートのあり方がなんか不思議なので、「いつもの」エリザベートじゃない感じがしました。
新公も大変そうだったなぁ…

『死』が、あまりに身近なの。
いつかの合コンで会ったちょっとかわいい子に声かけたら拒否られて、
悔しいからなんかの折に出会うたびに脅してみる、みたいなトート。

隣にいつもいたお兄ちゃんが、いつのまにか番長になってたみたいな怖さ。
水トートのような、いつのまにか忍び寄っていたような怖さじゃありません。

ま、一回見たくらいじゃ判りませんね(;・∀・)
東京ではどうなるのかなぁ。

追記、公演の娘役覚書(新公含め)↓
はっぱにメアリー
2009年03月22日 (日) | 編集 |
ちょっくら遠征してきました。
とりあえずバウ雑感。

タイトルは、劇中の歌詞「葉っぱに目あり」がどうしても「メアリー」に聞こえる件から。
「森の中ではご用心」しなさいよ、という歌なのですが、
振り付けがすごくかわいい。
今回、全体的に振り付けが好きです。

それにしても、うぅぅぅぅシェイクスピアだなぁ…
ほんとのところは共作だという説が有力(でいいの?)みたいですが。
シェイクスピアだとセット転換無しで作りたくなるものなんでしょうか。
暁のローマのときも、大きな転換は無かったよね…

舞台のつくりが、結構好きでした。バウの空間に合ったつくりで。
真っ白な壁に真っ白のカーテン、かなり抽象舞台に近い感じ。
カーテンの開け閉めで場面や時間が移り変わり、
森になり、館になり、戦場になるセットは好きです。


娘役も含めてみんな兵士、という戦いのシーンがあるのですが。
一際背が高い金髪がいて、かっこよくて、だれだろ!とか思ったら麗百愛ちゃんでした。
最近観劇のたびに思うんですけど、いやお化粧うまくなった。

らんちゃんの浮世離れした声質が、空想の世界に生きる役に合っていた様に思えます。
恋に燃えていたときの幸せで切ない笑み、
パラモンを見失ってからの壊れた笑み。
ふとした時に見せる正気に戻ったような顔が、心底怖かった。
彼女を支える光月さんが、しっかりした大人でねぇ…
まじめでまっすぐな役が似合うんだなぁ、としみじみ。(薫は任じゃなかったもん)

長くなっちゃったのでたたみます。
あぱしおなど!
2008年12月03日 (水) | 編集 |
月組公演、遠征して参りました。
頭の中がショーの曲エンドレスループです。


浮舟て、けっきょく何なんだろう…
薫から顔を背けることを許されずに、表情を失くしていくのが哀しい。
対比される小宰相の君が、あまりに活き活きしているだけになおさらです。
宮中のかしましい有様と、宇治の寂しい様子のギャップが切ないのです。

新公はとりあえず、みりおがキレイかった。
光君の再来だよぅ…
彼のグレートなところ
2008年09月02日 (火) | 編集 |
わかんないぃぃぃぃ…(困)


うーん。
ギャツビーのナニがそんなにグレートなのか。
正直判らないのです。

愛した女性をかばい通したこと?
身分ある女性に見合うだけの財力を手に入れるため、手を尽くしたこと?
何があってもドラッグストアには手をださなかったこと?(これは無いな)
とりあえず小顔にもほどがあると言いたいくらい顔がちっちゃくてうらやましひ。

どう考えても景子先生を見た気がするんだが気のせいだろうか。
日生後に東宝の夜公演観ようと思ったら、うっかり新公だったり。
サバキに並ぶ気力は無くて、シャンテでまったりご飯しました。
ま、また機会もあるだろう(ジョニー的な)

さて。
彼の話ですが。

なんていうかな。
大人になってしまったギャツビーは、始めから全てを諦めているように見える。
デイズィー(あえてこう言いたい)に関することも、全て。
常に厭世的だし、投げやりだし、刹那的すぎる。
最初から、二人が幸せになれないことがわかってしまうんだわ。

ていうか、誰一人幸せにならないのね!
前向きなのはちわわ演じるジョーダンだけか。
むむむ。

これ、つらいな…(頭抱えるしかない)

* * 雑感 * *

・あのマフィア的なボスが2年前にはステキなおばさまだったかと思うと涙が出る
・まなちゃんが可愛すぎる
・まなちゃんの尻に敷かれるゆりやくんがヘタレすぎる(ステキよ)
・相変わらずあちょーがステキなおっさんです
・マートルの取巻きたちはきゃわきゃわしていてカワユスです
・ソルーナさんのオーバーオールが似合いすぎて困る
・なんか可愛い娘役がいると思ったらりおんくんだった件
・若き日のデイジーがお姫様みたい

まあ何がいいたいかって言うと
マートルが好きすぎて通える
ってことです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。