みんな幸せ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しあわせな日
2007年08月12日 (日) | 編集 |
エリザ楽ではありますが、久々に、貴城さんのこと。
リーガロイヤルのトークライブショーに、行ってきました。

貴城さんがいて、
るいちゃんがいて、
コパカバーナを聞いて、
今日は8月12日で。

幸せだった日が確かにあって、
あの日があるから今があって、
それを感じることが出来て、
今日はなんだか幸せでした。

これまで、男役・貴城けいと、女優・貴城けいがつながらなかったんです。
今日、ちょっとつながったかも。

博多に行く前に、会えてよかった。
スポンサーサイト
あなたにあえるひ
2007年03月28日 (水) | 編集 |
サンスポ(いつまで見られるかわかんないけど)

読んでたら、ぼろぼろ涙が出てきた。(びっくり)
写真の顔、在団中とちょっと違うかな?

これから、どういう仕事をするか、わかんないけど。
これからも、会えるっていうことが、確約されただけでねぇ…
もうもうもうぅぅぅぅ…。・゚・(ノД`)・゚・。

男役の姿が好きだったから。
「彼女」に対しては、正直、わかんないです。
これからの自分が、どうするのかなんて。

でも、写真があって、顔を見られて、ちょっとほっとして。
『会いたかったんだなぁ』って思ったですよ。
2月12日
2007年02月12日 (月) | 編集 |
だいすきです。
みんなみんな、だいすきです。


桜の枝を抱えた貴城さんは、丁度づみこの目の前で立ち止まりました。
ファンのコールを受けて、やさしく微笑む貴城さん。
瞳をくるくるさせながら、その声に応えていました。

宝塚を観始めて、3年目。
いつでも、心の中には貴城さんがいました。
貴城さんが、宝塚からいなくなる、今日。
づみこなりに、悔いは無い、と、思うことが出来ました。

明日からのことは、わからない。
ただ、ただ、愛してます。
青いバラの貴公子が、冬の夜会でなげきっす。(わけがわからない)
2007年01月27日 (土) | 編集 |
宙組@阪急貸切。
開演直前にチケットが転がり込んできて、てっぺんで観劇。

うわぁぁぁ!
グラバーさん@小公子ヅラ、かわいぃ~~!おかしぃ~~!
(葵ちゃんが歌いだした瞬間から、グラバーと陽之助くんにロックオン。ていうか目が離せない)
そのブラシは何だ!ヒゲまで梳かすのか!腹筋痛いわ!
さすがだわ風莉じん!と、大喜び。

(いや、あそこから切腹の緊張した場面に持っていかなきゃいけない中島君は大変だったと思う)
(でも切り替え上手かったね)
(いやづみこは余波で呼吸困難だったんですけど)

そして、幕間にふと気付く。
ん?
あれ、メガネバトラーのだったよね?
てことは、もしかして、アレですか?
期待していいですか?

緊張しつつ迎えた、夜会のシーン。
相変わらず怒ってるるいちゃんは可愛いし、怒らせた大和さんは客席釣りに余念が無い。
…ドキドキ、ドキドキ。

そして、キラキラした門が開いた、その向こうには。

(以下貴城さんへの苦情が受け付けられない方は進入禁止でお願いします)
かしウス
2007年01月22日 (月) | 編集 |
「夢のあと」。

ぱっと見、キレイなシーンなんだけどなぁ。
カシウスさんの鬘は2箇所留めてるバージョンが好きです。

いいとこ並べ。
衣装はまんま舞夢で見たけど、らんとむ氏によくお似合い。
らんとむチームの振付は格好いい気がします。
とむ北七の並びがなんかときめく。
かしチームだと、珠洲さんのダンスがやはりずば抜けてかっこいい。
一瞬しか出てこないGo君に全面降伏。彼はいつも消えない眉間のシワがステキですね!
尚且つ踊りながら出てきたと思ったら、娘さんと見詰め合って走り去るだけ。
駆ーけ落ち!かーけお…ち?(多分違う)
この演出よくわかんないけど、考えどころかなぁ。


(以下ネガティブなので、このシーンがお好きな方は避けてください。)
菓子類ってばハイカロリー。
2007年01月21日 (日) | 編集 |
お竜さんになりたい。
と、まぁ痛いことを思いますわな。
キラッキラのかし竜馬さんと、あわあわしているるいお竜さんを観ているとね。

とはいっても最近は、るいちゃんがかわいくてかわいくて仕方が無くて。
あの場所に自分を置き換えて、ぎゃあぎゃあ言う暇なんて無いのです。
そんな時間があったら、かしるいを愛でていたい。
あぁ、かわいい。


寺田屋で、至近距離にあわてる竜馬さんの腰の引けっぷりがかわいい。
薩摩藩邸で、お竜さんを抱きとめる竜馬さんの腕がすき。
目覚める寸前、ふと寝言で何かをつぶやくようなお竜さんがスキ。
(もしそれが「竜馬」なのだとしたら、めちゃくちゃときめく!)

西洋の男は、大事なことを言う時、相手を見つめる。
日本の男は、大事な場面では、相手から目をそらす。
と、どこかで聞いたことがあります。
「わしゃ、阿呆かのぅ」の竜馬さん。
「ついてきて…くれるな」の竜馬さん。
まさに、このスタイルなのだね。

どうみたってターニング・ポイントであろう寺田屋を書かないって、どういうことなんだろう。
寺田屋事件が描かれていない以上、薩摩藩邸で全部ぜんぶ見せなきゃいけない。
竜馬とお竜の心の近さ、ね。
体勢を崩したお竜を抱きとめておいて、直後に自分から距離を置く竜馬。
「このままでええ」って言ったじゃーん!とも思いますが(爆)
これから大事なことを言うからには、その距離が必要なんだわ。
直視は、できない。

異人の婦女子とじゃらじゃらしてようが、ベツバラ言ってようが、心の中にいつでもお竜。
それが、るいちゃんかわいいかわいい、なタカシロさんと重なります。
なんだあの激甘ハイカロリーカップル。
ええ大好物ですが何か。
夢見心地っていうの
2007年01月14日 (日) | 編集 |
こぱビル
赤坂へ帰る途中、見つけたビル。
家に帰ったら、るい茶のお写真が届いていました。
そういうめぐり合わせの日なんだな。うん。

貴城さんの、男役最後のお茶会に行ってきました。
まさかハイタッチは無いだろうと思っていたら、最後の最後でやってくれた。
いっぱいいっぱいしゃべってくれた。
これが宝塚生活最後だっていうのは判っているけど、本人はそんなこと全然感じさせない雰囲気。
でも、ふと気付けば、公演もあと1ヶ月を切ってる。
一日一日、大事に生きなきゃ。
と、今は思うのみです。
雑念は排除。
(ほら例えばツーショット写真当選のお姉さんにちょっかい出す貴城さんに悶え死ぬ寸前だったとかさ)

幸せな時間を「幸せ」と受け取れるかどうかは、自分次第だと思うから。
蜘蛛が3匹
2007年01月12日 (金) | 編集 |
今日は公演後、なんかレセプションでもあったんですかねー。
6時過ぎにシャンテに行ったら、劇場内にスーツのおじさまがいっぱい居てました。
珍しい光景だわ。

生徒さんは、ほぼ集団下校状態でした。
初めて立さんの出を見ました。かっこいいなあの人。
星原先輩の革ジャン(これはまた特殊だけども)とはまた違う、ステキダンディ。

貴城さんは、黒系のスーツ(ピンストライプかも)に黒のロングコート。
襟元に、ちっちゃなシルバーの蜘蛛さんが3匹、這っておりました。
コム・りら・ミズですな(・∀・)ノ(これが言いたいだけの記事)
おでこぴかぴかで、めちゃくちゃキレイでした。眼福。
初春
2007年01月01日 (月) | 編集 |
ぐだぐだしているうちに、気付いたら新年でした(・∀・)ノ
今年もダメ人間の予感がします。
そんなづみこですが今年も宜しくお願いします☆

今日はネバセイのOAだったんですよね。
テレビで見るとどんな感じなのかな。
公演当時はベルばらのパステル色調に慣れきった身だったので、色彩トーンの重さに驚きました。
タカハナもご出演だったそうで…
観られて無いけど、きっと美貌は相変わらずだな!うん!
コンサートに向け、気合十分て感じなのでしょうか。
完全復活の姿が観られるといいなぁ。
 
さて、ご挨拶はこんなところで。
新年の自己紹介がてら、頂き物に回答してみます。
プロフィールがあんなのってのもアレだしね。
 
[カシ担(貴城けいさん好きな人)の為の78の質問]です。
(DIVE INTO DREAM http://www.k2.dion.ne.jp/~diveintoさまより)
(注:長いので要注意)
射すくめられる、という感覚
2006年12月20日 (水) | 編集 |
用事があって、シャンテで待ち合わせ。
ま、時間つぶしにはキャトルですわ。
無事に落ち合い、出ようとしたら、

目が合って、動けなくなった。


貴城けいメモリアルブック、発売予告。
店員さんの手作りと思われる、パウチが貼ってあったの。
帰ってきた今となっては、どんな写真だったか全然おぼえて無いんですけど(ダメダメじゃん)
ニナミカ写真集の、最後の方。
プロフィール上の、鏡に寝そべってる写真に構図が似ていたような。
青い色彩が入っていたような気もします。

印象にあるのはただ、その瞳。
瞳に縛られる、という感覚。
これが射すくめられるって事なのか?

この人には、どこまでもドキドキさせられる。
あ、発売は来年1月16日だそうです。メモメモ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。